エステサロンとクリニック

MENU

エステサロンとクリニックの永久脱毛方法は違う

脱毛サロンで行われている脱毛方法と、医療機関で行われている脱毛方法は同じように見えて違うところがいくつもあります。

脱毛サロンなどで行われている光脱毛やIPL脱毛、フラッシュ脱毛などは痛みが少なく、広範囲での施術が可能なため施術時間も短時間で済みます。
また、医療機関で行われている脱毛料金に比べて、リーズナブルで通いやすいというメリットもあります。

ただ、ほくろがある部分や黒ずみの多い部分、入れ墨やタトゥーなどがある部分は照射することができません。
施術者の技術力はもちろんのこと、その時の機械の照射力によっては効果に違いが出たりすることもあるので、施術のたびに感じられる効果に差が出てしまうこともあります。
照射力が弱いため、満足のいく結果が得られるまでには年単位での時間がかかることも珍しくはないといわれています。

脱毛サロンで行われている脱毛方法は、特殊な光を当てて毛の太さが違っても作用するように作られていたり、特殊なジェルを塗布することで美肌効果および抑毛効果を得られるような脱毛方法を取り入れたりと、脱毛サロンによってかなりの違いがあります。
しかしながら、どの方法も痛みを最小限に抑えているので、痛みに弱い方でも施術を受けることができます。

逆に、医療機関で行われている脱毛方法というのは、レーザー脱毛や針脱毛が主流となっています。
レーザー脱毛の場合、メラニン色素に反応する光を使って照射しているので、その熱により毛母細胞や毛乳頭を破壊することができます。
破壊された毛は原則、生えてくることがありません。

毛母細胞や毛乳頭を焼いてしまうので、脱毛効果を早く実感することができるものの、脱毛サロンとは違い痛みがあります。
特に毛が太かったり濃い部分、脂肪の少ない部分については痛みが強くなることも少なくないため、局部麻酔などをして痛みを感じないようにする医療機関も少なくありません。
以前は医療機関で行われている脱毛方法は、効果が高く短時間で済む反面、金額が高いという難点がありました。
しかしながら、近年は医療機関で行われる脱毛も安くなってきているので、数年前に比べると通いやすくはなってきています。

また、医療機関ではニードル(針)を使った脱毛も行われています。最も毛の再生率が低く脱毛効果を実感することができる脱毛法となっていて、色素沈着を起こしている部分にも施術を行うことができます。
ただ、かなり強い痛みを感じる方法でもあり、料金も高めとなっているので、近年は針脱毛よりもレーザー脱毛を取り入れる医療機関が増えてきています。
毛穴のひとつひとつに針を刺して電気を通し脱毛していくので、効果が高い反面、脱毛が完了するまでに時間がかかります。
レーザー脱毛では照射できない部位の脱毛も可能なので、レーザーでは難しい部位の脱毛をしたいというときはニードル脱毛がおすすめです。
しかし、行っている医療機関が少なくなってきているため、通える範囲で行えないというケースも考えられます。

最終的には、ムダ毛をなくしていくという点において、脱毛サロンも医療機関の脱毛も共通していますが、脱毛サロンでは法に反しない程度の光を使って施術をしていかなくてはいけないため、医療機関よりも効果が出るまでに時間がかかるということ、永久脱毛と謳うことができないため、万が一また生えてきてしまうこともあるかもしれないという点があります。

もちろん、医療機関の脱毛は効果がある反面、料金が高めで痛みが伴うという点が難点として挙げられるため、どちらにもいい点と悪い点があるということを把握しながら、自分に合った方法を選択し、脱毛サロンで脱毛をしていくのか、それとも医療機関で脱毛をしていくのか決めていくことが大切です。