値段と期間について

MENU
全身脱毛をやってみたいとは思っていても、果たしてどのくらいの期間がかかるものなのか、全身脱毛にかかる費用も高くなりそうで不安だという方も多いのではないでしょうか。

全身脱毛にかかる期間

残念ながら、全身脱毛にかかる期間というのは毛の量や毛周期、また脱毛方法によってかなり異なってくるのが現状です。
ですので、一概に全身脱毛にはどのくらいの期間があれば十分ですということができません。

脱毛と一口に言ってもいろいろな方法がありますが、脱毛サロンにおいては、施術を受けるペースというのは2〜3ヶ月ごとに1度となります。
施術の部位によって変わってきますが、満足のいく結果が得られるようになるまで、約2年はかかるといわれていて、回数にすると10〜18回ほどは施術を受けなくてはなりません。

もちろん、もっと早く効果を実感することができる部位もありますが、全身脱毛をする場合は、全身生えている毛の太さや濃さ、量も違ってくるため、効果が現れる期間も変わってきます。
また、一度に何度も同じ部位に光を当てて施術すれば効果が早く現れるというわけではなく、毛周期に合わせて脱毛をしていかなければ効果が現れないため、満足のいく仕上がりになるまでにはある程度の時間を要するのが一般的です。

逆に、医療機関で脱毛を行う場合、満足のいく仕上がりになるまでには1〜2年、通うペースは2〜3ヶ月に一度のペース、回数にすると5〜6回ほどとなっています。
医療機関では、全身脱毛が行えるところとそうではないところがありますが、脱毛サロンに比べると全身脱毛にかかる期間はグンと縮まります。

毛周期に合わせて行っているため、ペースは同じではあるものの、照射の力の強さなどにより効果が現れるのが早いといえます。
個人差がありますので、効果が現れるスピードが早い医療機関においても、全身脱毛が完了するまでにはある程度の時間を要します。
痛みが出てしまう部位もありますので、一度に広範囲の施術が行えないケースもあります。
痛みに弱く痛くない方法で脱毛をしたいというのであれば脱毛サロンで、痛みが若干あっても早いペースで効果を実感したいという方は医療機関での脱毛をおすすめします。

全身脱毛の値段

全身脱毛の値段は、脱毛サロンごとにかなり異なりますし、また医療機関でも値段に差が生じてきています。
毛の量や濃さなどによって施術回数が異なるため、満足のいく結果を得るまでに回数を重ねないといけないことも少なくありません。
全身脱毛においては、ムダ毛の処理を完璧に行わなくてもいいくらいに仕上げるとなると、30〜50万円ほどかかることもあります。
ただ、脱毛サロンの場合、全身脱毛は10〜20万円台で行っていくことができるケースが多いため、以前よりもリーズナブルな金額で全身脱毛を行っていくことができるようになりました。

多くの方はワキ脱毛から始まり、次にVIOや足、腕の脱毛を行っていくのですが、最終的には全身脱毛をはじめから行った方がお得だったという方もいるため、近年は全身脱毛に力を入れるサロンや、全身脱毛しか行っていない専門のサロンなども増えてきています。

また、脱毛サロンに限っては、○回コースなどコース料金が設定されているケースも少なくありません。
コースでの施術が可能でお得感もあるため人気も高いのですが、実際問題、その回数で満足のいく結果が得られる状態にまでなるかというと、残念ながらそうではありません。
ただ、医療機関の場合、医師の指導のもと施術を行うことができるため、少ない回数で満足のいく結果が得られることも多い傾向にあります。
しかし残念ながら、この金額を出せば必ずしも効果が得られるということはありません。
毛の量や状態で満足のいく結果が得られる方もいれば、まだまだ回数を重ねないといけない方や部位もあります。

以前は、全身脱毛には100万円以上かかってしまうことも少なくありませんでした。
それを考えると、今の全身脱毛は、脱毛サロンにしかり医療機関にしかり、リーズナブルな値段で脱毛を行っていくことができるようにはなっていますが、値段にはサロンや医療機関ごとに大きな差があります。
安かろう悪かろう、高かろうよかろうではありません。

なので、値段だけで脱毛をしないということが大切ではありますが、やはりあまり金額を出したくないというのが本音です。
全身脱毛を行うに当たっては、それぞれのサロンなり医療機関なりを比較し、どういった違いがあるのか、評判や口コミなどを参考にしつつ、納得して通うことができる方法で脱毛を行っていくことが大切です。

もちろん、支払方法も月々払いができたり、カード払い、分割払いなどができることがほとんどなので、高い値段を一括で支払わずとも全身脱毛を行っていくことも十分に可能です。
自分自身の生活に支障をきたさない程度の支払いで脱毛を行っていくようにしましょう。