脱毛の痛み

MENU

脱毛の痛みと肌への影響

今の脱毛は、かなり痛みが軽減されていいます。
なので、痛みに弱いという方でもあまり心配せずに脱毛を行うことができるのですが、脱毛の方法によって痛みの度合いは異なります。

脱毛サロンで行われている脱毛は、光脱毛やIPL脱毛など特殊な光を使ったものがほとんどですが、どこの脱毛サロンでもほとんど痛みがない、仮に痛かったとしてもパチッとする程度のことが多い傾向にあります。
また、施術の前には部位を冷やしたりジェルを塗布することで痛みを感じないように工夫しています。

ただ、毛が太くて濃い部分は、若干の痛みというか輪ゴムで軽くはじいたくらいの衝撃を感じることがあるようですが、我慢できないほど痛いということはないので心配はいりません。

しかしながら、医療機関で行われているレーザー脱毛は、医師の指導のもと脱毛を行っていくことができるため、照射力が脱毛サロンに比べて高いという特徴があります。
ですので、その分効果も早く実感することができるのですが、照射力がありますので脱毛サロンに比べて痛みが生じることが多くなります。
太くて濃い毛はもちろんですが、部位によっては細い毛でもバチっとした痛みを感じることがあります。

痛みがあまりにもひどいようなときや多くの方が痛みを感じている部分については、局部麻酔を行って痛みを感じないようにしてから施術を行ってくれますので、あまり心配することはありません。
同じく医療機関で行われているニードル(針)脱毛は、もっとも痛みが強い脱毛方法として知られています。
毛穴一つ一つ針を刺して電気を通すため、効果が一番高いものの痛みはかなり強く感じます。
これも、麻酔を行ったりしながら施術をしていくことも多いので、さほど心配はいりません。

また、どんな脱毛方法においても、皮膚の内部に強い熱を与えていることに間違いはありません。
ですが、皮膚表面は施術をする前とほとんど変わりません。

特に脱毛サロンにおいては施術を繰り返すほど美肌になれる特殊な光やジェルを使っていたり、医療機関においては医師の指導のもと脱毛を行っていくことができますので、お肌のトラブルなどの心配もあまりいりません。
ただ、その時の状態によっては赤く毛穴がぽつぽつしてしまったりすることもありますが、一時的なもので、多くが半日程度で治まってきます。
最近の脱毛はお肌にやさしいので、お肌が弱い方や敏感な方でも施術を行うことができるようになっています。